給与前払いシステムとは?

「今すぐ現金が欲しい…、でも消費者金融に頼るのはちょっと…」こんな経験がある方は少なくはありません。

クレジットカードや電子マネーが普及した今日においても、結婚式のご祝儀や子供の教育費用の準備など、

現金への需要は依然として高いのが実情です。今回はそれを解決する給与前払いシステムをご紹介します。

給料前払いシステムとは?

「給与前払いシステム」とは、自分が労働した分までの給与を必要となったときに即日で受け取れるといった、労働基準法25条で労働者の権利として公にも認められているシステムです。

まだ働いていない分の給与を給料日前に受け取る「前借り」とは違い、「前払い」とは自分が既に働いた分の給料を受け取るだけなので、負担なく気軽に利用できるシステムといえます。

「先にもらっただけの給料分働こう」と目的を持って仕事に取り組めため、労働者の生産効率も上がることが予想されます。

給料前払いシステムのメリットは?

負担なく気軽に必要な分の現金を、自らの労働によって即日に受け取れるこの前払いシステムは
労働者側だけではなく、導入する企業側にも多くのメリットをもたらします。

例えば昨今のアルバイト市場においても「日払い」や「週払い」などといった、即日で給料を受け取れるといった雇用形態への需要が非常に高まってきていることから、導入した企業は労働市場において多くの需要を得ることができると考えられます。

実際に前払いシステムの導入によって求人応募数は、導入前と比べて最大3.7倍といった著しい効果もみられています。

また従業員からは福利厚生が充実していると評価されるため、離職率の低下も推察されます。

さらに従業員を借金で首が回らないなどといった金銭的トラブルから守れるため、職場の雰囲気の向上やそれに伴う従業員の生産性が上がることなども期待できます。

給料前払いシステムの利用方法は?

ここでは給与前払いサービスの例としてPaymeを挙げます。

この給料前払いシステムを導入している企業の従業員であるならば、いつ、どこでも前払いを受け取ることができます。

個人情報の登録や口座番号入力といった面倒な手続きは、会社で登録している情報でアカウントを自動作成するため、一切必要ありません。

またパソコンだけではなくスマートフォンにもサービスは対応しているため、欲しいと思ったそのときにどこからでも申請することができるのが特徴です。

導入する企業側も、「導入初期費用」「準備資金(前払い分の事前資金)」「運用費用」の全てに一切の負担はかからない。

従業員情報の登録も今ならPaymeが代行するため、申請するだけで簡単に導入できます。

またPaymeならではの特色として、一つ目は一般の給料前払いサービスを行っている会社とは違い、企業側のシステム手数料はいっさいかからないことが挙げられます。

さらに企業側は立て替え払いするお金を一切負担しないといった利点が二つ目の特徴です。

前払いをしている会社ではキャッシュフローの改善にも繋がるのではないでしょうか。

働いた分だけの給与を働いた分だけ受け取るといった、当たり前である一方、非常に難しくもあるサービスをPaymeは実施してくれます。

まとめ

労働者側にとっても企業側にとってもこの給料前払いシステムは、多くのアドバンテージをもたらすシステムといえます。

必要なときに働いた分だけの現金を会社から受け取れることは、労働者にとって自分の働きが正当に評価されていると満足する一つの基準にもなるでしょう。

様々な制度が見直され革新されている今日の日本において、給与の自由化は企業の持続性、他社との差別化を図る一つの要となる手段ではないでしょうか。


<今なら、下記のボタンより”採用費用削減”の診断ができます!>


あなたの会社の採用費用が削減できる?

企業様の採用費用の削減について、簡単に診断できます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です